Material

主に使用している素材です。国内の革やインポートの革などを使用しております。

material1

Tempesti/Elbamatt

イタリアのトスカーナ地方テンペスティー社のエルバマットという革です。伝統製法である「バケッタ製法」という製法により製造される上質なタンニンレザーです。革に含まれるオイルの量が通常の1.5~2倍含まれており、使い始めはしっとりとしたツヤのない少ない革ですが経年変化も早く、使い込むとツヤが増してきます。

ヌメ革

Japan/姫路産レザー

国内有数の革の産地兵庫県姫路市にて生産されるジャパンレザーです。巷で「ヌメ革」と聞くとこういったナチュラルな色のヌメ革をイメージする方が多いと思います。表面処理をしていないので水や油をよく吸うので育てるのが難しい革でもあります。

アリゾナ

LA BRETAGNA/ARIZONA

イタリアのトスカーナにあるブレターニャ社で製造されている天然のシボ感も魅力のフルベジタブルレザーです。ショルダー(牛の肩)部分の革なのでトラ目と呼ばれるシワがあります。経年変化も美しく自然な表情が楽しめる魅力的なレザーです。

エゾシカ革

Japan/Yezo sika

北海道のエゾシカレザーです。革の特性としては軽量で伸縮性・通気性が高く丈夫です。キメが細かく柔らかいので手触りも抜群です。野生のエゾシカですので野山を駆けた時にできる傷などもそのまま残ります。まさに革の魅力をダイレクトに感じて頂ける素材です。

ルガトショルダー

MASURE/Rugato

ベルギーのマシュア社で製造されるルガトショルダーという革です。名の通り肩部分の革でトラ模様が美しい革です。この革は染色が非常に美しく透明感が高い色合いが特徴です。質感としてはハリのある革でカチッとしたレザーです。革の段階である程度ツヤがあるのですが使用していくうちによりツヤが増してきます。

オリジナルカラー

Original Color

ベースとなる革は姫路産のナチュラルヌメです。塗料が革の表面で割れるような染色方法ではなく革の質感をきちんと残し「エイジングする染色」で染色しております。色落ちも極力少なくなるように加工を施しており、手触りも良く様々な色を表現できます。

シルバーダブルリング

Silver&Brass

鍛造技法という昔ながらの製法でアクセサリーを制作しています。銀や真鍮を熱して柔らかくし、曲げたり叩いたりして形を作っていく技法です。地金から制作するので3Dの成形には向いていません。元々密度の高い金属を加工しますので叩くことによってさらに金属が鍛えられ強い金属となっていきます。